どうもです!

地方でネット活用して好きなことを発信している実験ブログ

成功するつもりで挑戦するより失敗するつもりで挑戦した方がいい

なべちゃんです。

スマホから布団入って更新してる笑

 

卒業シーズンとか春休みとかやん?今って。

 

すごく悩んでた時期で新しいことに挑戦することに不安になる時期やったって思い出してたよ。

 

でも、失うモノはないから失敗するつもりで挑戦してほしい。

 

ってことを僕の経験と共に書きます。 

 

 

僕は、小学校の5年と6年だけ転校してまた戻ってきて地元の中学校に戻ってきた。

 

その時は、うまく人となじめへんかった。

家の事情で転校することになって戻ってきてどんな顔して接したらえんかわからんかったんよな。

 

それでも毎日学校に行かなあかんわけやん?

 

大人になればただの3年間。

きっと今戻れるなら勉強もしてる。

付き合う人も違うと思う。

 

 

もし戻れるなら、友達と上手く付き合うのが苦手なら勉強しとけばいいと思う。

それは、明日の自分が笑うために。

 

 

ただ、その3年間って未来の事が見えへんからそこにある世界だけが全て。

 

そこの人間関係だけが全てて、友達と上手く行かんかったら

「どうしよ?」

とかなるぐらいすごい心がふにゃふにゃやから周りに合わせることで自分の居場所をつくる。

 

それはその3年間しか世界が見えてないからってことしかないんやけど。

 

 

よく考えたら人生60年あるとしたら

そのうちの義務教育9年と高校3年。大学も3年やとすれば

15年か。そこから先の60歳まで生きるのにその15年間、明日の自分が笑顔で入れるために生き続ければそこから先の45年間は

選択肢の多い人生を歩いて行ける。

高校に行くことがいいかも大学がいいかも

行ってないから正直わからん。

 

でも、選択肢は多くなるってことはええことやわ。

 

 

でここまで書いたけど

僕は成功するために挑戦することが怖い。

だから挑戦することを諦め続けてきた。

 

でも、失敗したらいんやな。

失敗するつもりで挑戦したらいんやと思う。

 

だから、めっちゃ頑張るっていうプレッシャーはあまり自分にはかけたくない。

 

だから緩く頑張る。でも失敗したら学んで行くことは忘れたらあかんで。

僕みたいになる。