どうもです!

姫路でメディア運営しています。

ブロガー✕地域密着型メディアが熱い。

 どうも!僕です。

僕は、20才の時に兵庫県姫路市から東京に8年間住んでいました。

で、今姫路市に住んでいます。

そこで、地域密着型サイトをつくろうと思い「ええやん姫路」というサイトを立ちあげました。

f:id:slyme0910:20151101011739p:plain

 

今は、WebryOne株式会社というWeb制作をしている企業が運営しているカタチになっています。

よく

「買収されたの?」

と聞かれますが

お給料をもらいながら一緒に運営しています!

なので、厳密に言えば買収はされていません。月々のお給料だけです。

 

地域に密着したブログは絶対にいい

有名ばブロガーさんの

イケダハヤト氏の以下の記事がわかりやすいです。

www.ikedahayato.com

ぼくは長らく東京でブロガーをやっていますが、「東京で記事を書いていると、どのブロガーも似たような記事を書いてしまいがち」という問題意識を日々抱いています。

東京は人が多いので、「東京的なコンテンツ」は読者も獲得しやすいのですが、生産できる人も多いので、結局競争過多になってクビが締まっていきます。

と書かれています。

この記事を読んだ時の僕は、まだ東京に住んでいて

「姫路に帰りたいなー・・・姫路に帰りたいなー・・・」

と悶々としていました。

 

そんなタイミングで読んだのでこれこれ!こんなサイト作りたい!って感じでした。

 

というのも、このイケダハヤト氏の記事にも書かれていますが

以下のようなサイト

たのしいiPhone! AppBank
ガジェット速報
APPGIGA!!(アプギガ)
iPhone Mania
すまほん!!
iPhone女史
iPhone女子部
gori.me(ゴリミー)
ガジェットショット

悪口を言うつもりではないのですが、これらのブログはどれも情報が似通っており、差別化の要素が「速報性」「既存読者数」「更新本数」くらいしかない状況となっています。もはや個人が後発で参入してもまず勝てる領域ではないでしょう。

また、こうした記事はもともとのニュースソースが海外だったりするので、実は東京で執筆する必然性はありません。それこそ糸島にいても、同じような記事は書けるでしょう。

まさにこの通りなのかなーと。

 

じゃ、姫路に住んでいて姫路の人にしか書けないようなブログをつくればおもしろいんじゃないのかなと。

で、他に地方に住んでいるブロガーってどんな方がいらっしゃるのかなと思い色々検索してみました。

地方はネタの宝庫!

例えばこの記事がおもしろんじゃないでしょうか。

yossense.com

地方がネタになるのは以下

  • 地元の店・場所
  • 地元の生活
  • 地元のイベント
  • 地元の人

別に日本全国にお店なんていくらでもありますよね?

でも、地方にあるそこのお店はどこにもない。

「ええやん姫路」で言えば、姫路市にある姫路市にしかないお店は、他の地域に住んでる人には絶対に書けないんですよ。

 

てことは、姫路市に住んでいる人が書くお店紹介などの記事って絶対に価値があるんですよね。

ということで、僕は姫路市に戻り「ええやん姫路」というサイトを立ちあげたのでした。

 

広告を非表示にする